イチゴショートケーキ
定番のイチゴのショートケーキです。これは自分の誕生日に作ったのですが・・・
デコレーションって楽しいけど難しい作業ですね。しかもセンスないったら・・・。自分の好きなように飾り付けしてください。 シンプルに仕上げるのもいいですし、ミントの葉なども飾ると良いです。
これには入れてありませんがクリームにキルシュを大さじ1~2加えると風味がよくなります。 子供がいる場合はほんとに風味付け程度に入れるか、または無しで。
クリームに入れるグラニュー糖は好みで増やしてください。私はあまり甘くないクリームの方が良いので少なめにしてます。 スポンジ生地はほんとにいつもどきどきしながら作ります。今まで散々失敗してきて、ようやくこの方法で作ると 比較的失敗なく出来るようになりました。泡立て始めたら一気に泡立てることが肝心です。途中で止めちゃいけません。 私はよく途中で止めてたので、まー失敗するする(笑)。あと粉を混ぜるときですね。よく「切るようにさっくりと混ぜる」 とありますが、私は結構しっかりと混ぜます(だからといって混ぜすぎていいって言うわけじゃないですよ)。 泡をつぶさないように・・・・って気にしながら混ぜると必ず上手く膨らまず失敗してました。混ぜが足りなくて 粉がそのまま出てきたり、今度は混ぜすぎて生地が固くなったり、泡立てが足りなくてパウンドケーキのような固さの スポンジが出来上がったり・・・。
でもお菓子や料理って失敗を重ねて上手くなるんですよね。失敗は成功のもとです!失敗を恐れずに挑戦しましょう。

サイズ

18cm丸型 1台分

カロリー

ホール 2,828kcal, 1/8切 約353kcal, 1/10切 約283kcal

材料

イチゴ 適量
スポンジ生地
    卵(Lサイズ) 3個
    グラニュー糖 100g
    薄力粉 100g
    無塩バター 20g
    牛乳 20g
シャンティイクリーム
    生クリーム(乳脂肪分35%以上のもの) 300cc
    グラニュー糖 20g
シロップ
    グラニュー糖 25g
    水 50cc
    キルシュ 30cc

下準備

スポンジ生地
  *型の側面と底に紙(オーブンペーパー)を敷いておく。
  *薄力粉は3回ふるっておく。
  *バターと牛乳は合わせて湯煎にかけるか、電子レンジにかけて溶かしておく。
  *オーブンは180℃に温めておく。
  *湯煎用のお湯(60℃位)を準備しておく。
デコレーション
  *イチゴは洗ってヘタの部分を切り取り、ペーパータオルに乗せて水気を切っておく。水気を切ったイチゴのうち、
     飾り様に8個(食べる人数分)取り分けておき、サンド用のイチゴは小ぶりなら半分、
     大きめなら3~4枚にスライスして使う直前まで冷蔵庫に入れておく。
  *シロップはグラニュー糖と水を鍋に入れて火にかけ煮て、冷めたらキルシュワッサ―を加えておく。

作り方

スポンジ生地
1. 卵をボールに割り入れて、卵白と卵黄が完全に混ざるようにハンドミキサーの低速で軽く泡立てる。
2. 卵白と卵黄が完全に混ざったら、ハンドミキサーを高速にして60℃ぐらいの湯煎にかけながらグラニュー糖を
    2~3回に分けて加えながら泡立てる。生地が人肌ほど(指を入れるとやや熱いと感じるぐらい)になったら
    湯煎からおろし、更に泡立てる。
3. 生地が白っぽくもったりとして、「の」の字が書けるぐらいまでしっかりと泡立てる(ここが重要なポイントです。
    この状態になるまでハンドミキサーの高速だと、直径18cmの場合7分位かかります。
    ここでしっかりと泡立てておかないと、生地が膨らみません)。
4. ハンドミキサーを低速にして3分程静かに混ぜてから、ふるっておいた薄力粉を一度に加え、
    ゴムベラで粉っぽさが残らないよう、満遍なく混ぜる(低速で静かに混ぜるのは生地の気泡を整えるためです。
    泡立てるためではないので、必ず低速で静かに混ぜてください。粉を混ぜるときは、
    ボールの底からすくい上げる様にして1分以内に混ぜ終わるようにしましょう)。
5. 合わせて溶かしておいたバターと牛乳をもう一度温めて(指を入れると熱いと感じるぐらい)、
    4の生地をゴムベラでひとすくい加えて、泡立て器でよく混ぜ、これを生地のほうにゴムベラで受けながら
    一度に加えて、ボールの底からすくい上げる様にして15回ほど混ぜる
   (混ぜる回数は多くても20回までにしてください)。
6. 用意しておいた型に流しいれ、20cmぐらいの高さからばんっ、と2回落として中の余計な空気を抜き、
    180°Cのオーブンで約20~25分焼く。
7. 焼きあがったら焼き縮みを防ぐために、型ごと15cmぐらいの高さからぽんっ、と落とし、すぐに逆さにして
    型から出し、ケーキクーラーに乗せて乾いた布巾をかけて冷ます。完全に冷めたら紙はつけたまま、
    ラップを二重にかけて室温に置いておく。
スポンジ生地はこの状態で一日置いておくとしっとりとして、味もよく、扱いやすくなります。
できればデコレーションする前日にスポンジは焼いておいたほうがいいです。

デコレーション
1. 生クリームとグラニュー糖を合わせて、ボールの底を氷水にあてながら泡立て、6~7分立て
   (泡立て器をもちあげるとタラ~っとつながって落ちるぐらい)にして使う直前まで冷蔵庫に入れておく。
2. スポンジ生地を表面の焼けた部分をごく薄く切り取り、半分に切り分ける。
3. 冷蔵庫に入れておいたクリームを出して底を氷水にあて、一部分だけを泡立てて9分立て
   (泡立て器を持ち上げると角が立つぐらいまで)にする。
4. シロップを刷毛に染み込ませ、スポンジの表面に塗る(あまり塗りすぎると、スポンジがべちゃっと
   なってしまうので気をつけてください。)
5. 3のクリームを適量乗せてパレットナイフをあて、回転台を回しながら全体に塗り広げ、スライスしておいた
   イチゴを冷蔵庫から取り出しクリームの上に並べ、さらにクリームを適量乗せてパレットナイフをあて、
   回転台を回しながら塗り広げる。側面にはみ出たクリームをパレットナイフでならしもう一枚のスポンジ生地を
   乗せて軽く押さえて、スポンジの表面にシロップを塗る。残りのクリームを8分立て(持ち上げるとクリームが
   泡立て器から落ちるか落ちないかぐらいになった状態)に泡立て、薄く下塗りをしてから、全体をクリームで覆う。
   (上、側面、上、の順で塗り広げていくといいです。下塗りをしてからの方が比較的きれいに塗れると思います)
6. 残りのクリームを口金をつけた絞り袋に入れてケーキの表面に絞り、そのうえに飾り様のイチゴを乗せる。