About Kabarin blog

Kabarin Room管理人の日常生活。

Ads

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

ミキハウス

Archives

2004年11月の日記
2004年12月の日記
2005年01月の日記
2005年02月の日記
2005年03月の日記
2005年04月の日記
2005年05月の日記
2005年06月の日記
2005年07月の日記
2005年08月の日記
2005年09月の日記
2005年10月の日記
2005年11月の日記
2005年12月の日記
2006年01月の日記
2006年02月の日記
2006年03月の日記
2006年04月の日記
2006年05月の日記
2006年06月の日記
2006年07月の日記
2006年08月の日記
2006年09月の日記
2006年10月の日記
2006年11月の日記
2006年12月の日記
2007年01月の日記
2007年02月の日記
2007年03月の日記
2007年04月の日記
2007年05月の日記
2007年06月の日記
2007年07月の日記
2007年08月の日記
2007年09月の日記
2007年10月の日記
2007年11月の日記
2007年12月の日記
2008年01月の日記
2008年02月の日記
2008年03月の日記
2008年04月の日記
2008年05月の日記
2008年06月の日記
2008年07月の日記
2008年08月の日記
2008年09月の日記
2008年10月の日記
2008年11月の日記
2008年12月の日記
2009年01月の日記
2009年02月の日記
2009年03月の日記
2009年04月の日記
2009年06月の日記
2009年08月の日記
2009年09月の日記
2009年10月の日記
2009年11月の日記
2009年12月の日記
2010年01月の日記
2010年02月の日記
2010年03月の日記
2010年04月の日記
2010年05月の日記
2010年06月の日記
2010年07月の日記
2010年08月の日記
2010年11月の日記
2011年01月の日記
2011年03月の日記
2011年05月の日記
2011年06月の日記
2011年08月の日記
2011年09月の日記
2011年11月の日記
2012年01月の日記
2012年03月の日記
2012年07月の日記
2012年08月の日記
2012年09月の日記
2012年10月の日記
2012年11月の日記
2012年12月の日記
2013年01月の日記
2013年02月の日記
2013年04月の日記
2013年08月の日記
2013年12月の日記
2014年02月の日記
2014年03月の日記

Recent Comments

kabarin (怪我!!!): たかりんさん!!申し訳ないです~!!! たかりんさん…
たかりん (怪我!!!): お久しぶりです、kabarinさん。 久しぶりにブログ見に…
kabarin (明けましておめで…): 一人ハイボールは寂しいね(^^;) 義兄さまも楽しか…
みるりん (明けましておめで…): あ、妹です。 お正月はすんませんでしたー。 ごめんな…
kabarin (バレンタイン…): ちいさん、お久しぶりです!! お元気ですか?! 帰国…
ちい (バレンタイン…): お久しぶりです!! なんか、私もバタバタ毎日を送ってい…
あわゆき (バースディパーテ…): お久しぶりです。しばらく訪問していなかったら、日本…
kabarin (日本帰国決定…): BBさん、お久しぶりです! お返事遅くなって申し訳あり…
BB (日本帰国決定…): Kabarin さん 帰国が決まったのですね。 かなりビック…
kabarin (日本帰国決定…): たかりんさん、こんにちは! ありがとうございます、に…

自分が親になって思うこと

Tuesday 27 March 2007 at 05:41 am いつも書いていますが、子育てって毎日手探り状態ですね。

「子育てに決まりなんて無い」と日々実感しております。一人一人性格が違うし、ぴろんへはぴろんへの対応、むっちーにはむっちーへの対応をしなきゃいけない。難しいものです。

そんな私は中間子。ええ、真ん中。三姉妹の真ん中です。おまけに、上とはそんなに離れていなくて、下とはかなり離れているので、一番難しいとされる、中間子です(^^;)

何が難しいか。中間子の方であれば、なんとなく察しはつくでしょうね。

そう!

最も放って置かれる率が高いわけです。

親にしてみれば「放ってなんかいないし、一番手がかかった」なんて言うでしょうが。

一番上は、親にとっては初めての子だからそりゃあ可愛いし、何もかもが初めてで、とにかく必死に育てます。2番目は、上とそんなに年が離れていないし、親にも子育ての経験があるので手の抜き加減が分かり、それほど必死にはなりません。3番目は、親にとっては年がいってから出来た子で、無条件に可愛いし、子育てを忘れかけた頃にまた子育て、となるし時代も少し違ってきているので、また上とは違った大変さがあるわけです。

なので一番真ん中が放っておかれる=放っておいても育つだろう、と思われるので、一番構ってもらえません。特に母親に。でもまだまだ幼い真ん中は、構ってもらおうと、必死にアピールするわけです。でもそれが裏目に出て、ただ親を怒らせるだけになってしまう。なので次第にやる気が無くなり(何をやっても認めてはくれない)、すぐに諦め(まず自分の意見は通らない)、性格は捻くれ、僻みっぽくなり、親にとってはただただ目の上のたんこぶ状態になるだけで、余計に疎まれる・・・・・となるわけです。

おかげで、他人にひどく気を使う(親にでさえ気を使う)・観察力&洞察力(時にズバッと鋭い事を言ったりする)・何をされても我慢する(実は結構へこたれている)・人の顔色を伺う(怒られるんじゃないかと常にビクビク)・適応力&順応力(文句は言えない)等々・・・・・。今となっては助かる事ばかり身についたような気がします。(逆に迷惑な時も無きしもあらず・・・・)

うちの場合、上と下がまあとにかく出来た子なので、私は常に2人と比較され、まず褒めてもらえる事なんてありませんでした。上と下と違って、母親にどこかに連れて行ってもらえるなんてこともありませんでした。一人だけ置いていかれるということのほうが、断然多かったです。例えば。

姉が歯医者に行く日。

私はそれを知らなかったので、普通に皆とバスに乗り込み話していると、友達が「あ、kabarinのお母さんの車だよ!」と叫ぶ。見ると丁度バスとすれ違うところで、しかも妹まで乗っている。友達につかさず「どうしてkabarin学校で待っているように言われなかったの?一緒に行けばいいのに」と聞かれるも「・・・・・出かけるなんて知らなかったもん」としか答えられず・・・・。帰ってから、一人寂しく待つ私。そこへ帰ってきた母にすれ違った時の事を話すと、母の答えはこうだった。

「ああ、そういえばあんたもいたのよね。あー忘れてたわ。一緒に行けばよかったのにねー」

Σ(・◇・;)・・・・・・忘れてた?しかも「一緒に行けばよかったのにね」って・・・・・何それ?

そこで押し寄せる不安の波。もーザバザバ(TT)

しかも何を食べてきたとか何を買ってもらったとか、嬉しそうに話してくる妹・・・・・(妹は私にべったりだったので)。おいおいおいおい・・・・・今のねーちゃんにはその話は超ヘビーだぜ・・・・・(T◇T)なんて妹には分かるはずもない。なぜなら私11歳、妹4歳の時の出来事ですから。

これ、ほんの一例。まだまだあるけど、書ききれない(爆)

とにかく母には、よく忘れ去られる事が多く、おまけに自分の意思を言わない事が災いして、「この子はやりはしない」と決め付けられてしまっていて誘ってももらえないままに過ごす事が多くて、何もかもを諦めざるをえませんでした。だったら自分の意見言えばいいじゃない、と思うでしょう?

意見なんて言おうものなら、そりゃあもうこっぴどく怒られたもんです( ̄▽ ̄;)

私の場合、小さい頃からズバッ!と鋭い事をよく言っていたもので、口を開けば怒られていたようなものです。放っておかれたからなのか、観察力と洞察力はすごいです。だから余計に気に食わなかったみたいで(苦笑)

母からしてみれば、「いつまでそんな事ウジウジ考えてるの」でしょうが(まず十中八九、こう言うでしょうね)、人っていうのは、ひどくショックを受けた事に関しては、いつまでも記憶に残っているものです。ショック受けてなかったら、まず覚えてないって。

その後も色々ありながら、とにかく分かった事と言えば「私はどうだっていいんだな」と言うこと。親って勝手だな、とよく思っていたっけ。

とりあえずグレることもなく(よくグレなかったな、と本当に思うが)、落第する事も無く卒業し(よく落第しなかったな、と本当に思うが)、運転免許取得のために黙々と一人頑張っておりますと、母に初めて感心されました。

「お姉ちゃんはあんなに文句ばかり言いながら行っていたのに、あんたは何一つ文句を言わないで、よく通ってるわね」と。

ええ、全てを諦めちゃいましたから(爆)我慢させられる事にだけは、とにかく耐える自身がありますんで。文句言ったって怒られるだけだし、「金払ってやってるのはこっちだ」と言われるのが目に見えてるし、今挫折しようとも、これを通過しない事には免許なんて取れませんから。文句言うだけ損でしょ。

↑なんて言えるわけも無く。「文句言ったって、仕方ないじゃん」とだけ言いました。それでもあれだけぶつかり合って、嫌われているかと思えばちゃんと私を見ていてくれた母。親って、どんなに鬱陶しくても、親なんだなぁと、思ったっけ。悔しいけど、結局は、自分の親なんだよなぁと。

そして何より今は甘えられる存在がある。

そう!旦那様!!(//▽//)(←一応恥ずかしがってみたりする)

私がどんなに捻くれていても、お馬鹿でも、我侭でも、全部受け止めてもらっています。初めて私の全部を認めてくれた人、だと思います。

そして私の大事な子供達

私を母にしてくれたかけがえのない子達です。親になってみて初めて、親の大変さが分かったし、子供に平等に接するということの難しさもよく分かりました。母は母なりに、頑張って子育てしてきた人なんだろうと、ここへ来てようやく思えるようになったけど、それでも私にした事・言った事の数々も、忘れずによく覚えている。未だにそのわだかまりは溶けきれていないけど、それでも、自分が親になったのは事実。

自分の子供にだけは同じ思いはさせまいと、日々悩みながらも、子供を抱きしめてあげて、褒めてあげる事だけは毎日欠かさずにしています。自分がして欲しかった事を、子供にしてあげようと思います。ぴろんは重くなって、抱き上げる事が難しくなってきたけど、可能な限り、抱き上げてあげたいと思います。

頑張るぞー!!

Daylight Saving Time Began

Monday 19 March 2007 at 05:13 am まだ3月なのに。まだ最高気温も一桁か、それ以下なのに。

今年はもうサマータイムに突入していまいましたΣ( ̄◇ ̄;)はや!!

今年から3週間ほど早く導入するようになったそうな・・・・。なのでまだ3月なのに、すでにPM7:00まで明るかったりします・・・・。

・・・・・変な気分。

まだ雪もあるし、湖の凍りも分厚いけどなぁ・・・・。おかげでお子達は1時間ではありますが、時差ぼけに襲われております(笑)

さて春めいてきたこの頃。スポーツも盛んになりつつありますね。

そう!

アメリカといえば野球!!

野球といえば大リーグ!!

大リーグと言えば、レッドソックス!!
(←なぜに?!)

レッドソックスと言えば松坂大輔選手!!!

そうです、これが言いたかっただけです、はい。

ともあれ、松坂選手。かなりの注目度ですたい!!最近ニュースでは必ず見ますね~。松井選手と握手しちゃってるところとかね・・・・。日本語のコメント聞けるんで、私としてはかなり嬉しいですね。

通訳なんていらねーぜ!(日本語だから( ̄▽ ̄))

もうすぐ開幕だからなぁ・・・・ボストンはこれからますます混みますね、きっと。でも見たいなー。松井VS松坂なんて構図、もう最高ジャン!!でもすげー混みそうだ・・・・・対ヤンキース戦でホームだったら、かなり( ̄~ ̄;)ともあれ松坂選手のこれからの活躍が楽しみですね。

まだまだ寒いNH。春はまだまだ遠いなぁ、と、湖の氷を見て思う私です・・・・。

ひな祭りです

Sunday 11 March 2007 at 08:02 am 2月25日はアカデミー賞の授賞式でしたね~。

世界の「渡辺謙」見たさに、夜中までTVを見ていた私です(-▽-;)

いや、だって、ケン・ワタナビィ(アメリカだとこんな感じで発音される)がプレゼンター勤めるって聞いたからさ!こりゃー、見ないといけないべ!と思ってさ!見ました。ケン・ワタナビィが出たのは式も真ん中辺に差し掛かった頃かな~。

あのケン・ワタナビィぐらいにペラペ~ラになりたいものですわ・・・・(何言ってたの?とか聞かないように。丁度ヒーターが稼動したのであまりよく聞き取れなかったです(_ _;))。(しかしケン・ワタナビィ夫妻はすっごく良い位置に座ってました。前から3列目ぐらいだったかな。良い感じに映るわけですよ)

おお、さすがケン・ワタナビィ!誰だか分からんが(爆)女優さんと共に結構な大役を果たされたと思います。まさに世界の「渡辺謙」だ、と実感した私であります。

菊池凛子さんも結構映りました。残念ながら受賞はならず!だったけど。

でもね、アメリカではもう「ドリーム・ガール」のあのちょっと?太り気味の方にものっすごく注目集まってたんで、今回は厳しかったかも。私はこの人の注目振りに、「ビヨンセ差し置いてこいつが主役だったのか?!」と勘違いしたほどです( ̄▽ ̄;) 元はアメリカン・アイドルという番組に出ていた人なんですね。それほどぱっとした成績では無かったそうですが、気付けばオスカー女優の仲間入り!

まさにドリーム・ガール!

この「ドリーム・ガール」早く見たいんですよね~(DVDが出てるの待ってますんで)。エディ・マーフィーのあの歌唱力もさることながら、とにかく助演女優賞を受賞したこの人の歌唱力もすごいものがありますし。早くDVDにならないかなー・・・・・。

さて3月3日はひな祭り!というわけで、ひな祭りケーキを作りました。


イチゴづくしのピンク色ケーキ!!

ちょっと考え事しながら作ったもので、やや失敗(ー^ー;) 考え事しながらお菓子作っちゃなんねーと改めて実感した私です(いつもは考え事をしたくないからお菓子作りするのに、今回はかなりパニックになっていたので、お菓子作りにも身が入らなかったですね・・・・)。

子供達にはちゃんとこういうものを伝えなきゃ!と思いつつ、自分の子供の頃を考えてみると・・・・・。

いや、お母さんって、何かしてくれたっけ・・・・・(ー ー;)?

雛飾りを用意するのは、私達とお父さん(一応7段飾です)。片づけするのもお父さん(しかも私達は手伝わない(爆))(しかも長野は1ヶ月遅いんですよ。なのでひな祭りは4月3日となるわけです。おもしろいでしょー)。でもそれだけ。

特に何かご馳走食べるわけでもないし、特にひなあられとか食べるわけでもないし(おばあちゃんが作ってくれたあられはよく食べたっけな)。あ、でも甘酒だけは良く飲んだ記憶がある・・・ようなないような・・・・(ちなみにお母さんの作る甘酒、大好きです。だから甘酒といえばお母さんの作った甘酒しか出てこない。それ以外飲まないし、お母さん以外のものは飲みたいとすら思わない)。

・・・・・・・・・・・寂しいものがありますわね・・・・・・(汗)

でも記憶にあるだけのことを回想しているから、もしかしたらちらし寿司とか食べたのかしら?!

・・・・・・・・いや、一度もないなぁ・・・・(-▽-;)・・・・・ないよね?

・・・・・・・・ものっすごく寂しいっすね・・・・・それΣ(T△T)

でも・・・・・甘酒なんぞアメリカじゃあ作れねっす。ってかおいら作れない・・・・!!・・・・・・帰ったら教えてもらおうっと・・・・。

いいのいいの、おいらはケーキを作ってあげるの。そう!我が家の味はケーキで!!(←いいのか?これで) いや、だってさ!

お子達お寿司食べないし!
何よりも白飯が大好きだし!(白飯さえあればそれでいい、といっても過言ではない)
この日の夕飯もせっかくひな祭り風に作ってあげたってのに、ちっとも喜んでくれないんだものー!!!!
見るなり「これ、食べない」とかぴろんに言われちゃったんだものー!!!

まずい以前の問題じゃないの・・・これじゃあ・・・・・(T◇T)

とまぁ、ただ叫んでみたかっただけなんですけど、実際、日本でもちゃんとひな祭りを祝うお家ってあるんでしょうか?一緒に雛人形飾って、ちらし寿司作って、澄まし汁作って(しかもちゃんとはまぐりで)、雛あられ食べて、甘酒用意して・・・とやっているお家って多いのかな。

「雛人形?めんどくさー!」←とか言ってませんよね?まさか。

雛人形には魔よけの意味もあるそうですよ?子供の魔を追い払ってくれるとかなんとか・・・・。お雛様にはそんな意味合いもあるんですねぇ・・・・。

子供が小さいうちは、きっと楽しく手伝ってくれるはずだから(2人になるともう手が付けられない状態になりますけどね(爆)) ちょっとした願いも込めつつも、楽しく飾ってみるのも良いと思いますよ~(^^)

だって大きくなったら「えー、なんでそんな面倒臭いことやらなきゃいけないのー?」と抵抗されますからね・・・・(私だって言いましたさ・・・)

今だけっすよ!今だけ!!

ちなみにうちの旦那様「えー、めんどくさー!」と言うお方です・・・・・(ー^ー;)

なので私は毎年、小さいながらも母が送ってくれた小さな雛人形を子供達と共に飾り、歌い、そして「また来年ねー!!」とバイバイしながら片しているわけです。今はまだいいですよ・・・・・小さいから。これが大きくなって、包みをとって、首つけて、小物つけて、ひな壇用意して、小物セットして・・・・・・とやり、片付けはこの逆。

・・・・・・・Σ( ̄◇ ̄;)一体どのくらい時間かかるんだ?!

(っていうかそんなに大きな雛飾り買う気なのか?!お前!)

ともあれ、なんだかひな祭りになっているようでなっていないような、今年もそんなひな祭りでした・・・・。

英語のレッスン その2

Saturday 03 March 2007 at 08:41 am なぜ先生がアーティチョークを持ってきてくれたのか、というと、実はうちのお子達は「青物野菜大っ嫌い」という話をしたからなんですね。

ブロッコリー、アスパラ、ほうれん草、ネギの青い部分、グリーンピース、ピーマン等々・・・・・。白菜やキャベツ、レタス、といった葉物野菜も一切口にしません。唯一食べる緑黄色野菜はニンジン。あと頑張ってプチトマトぐらい。それでもチャーハンやカレーや玉子焼きに入れると、なぜか食べてくれるんですよね・・・・(--;)

とにかくうちの子供達は「子供が好きであろう食べ物を食べない」ので、苦労します。スパゲティ、サンドイッチ、シチュー、ハンバーグ、ハンバーガー、ピザ、グラタン、オムライス、エビフライ・・・・・。むっちーは食に対する貪欲さ、というか、執着心がすごい子なので、目の前にあるものには大体手を出します。なのでまだ良いんですが・・・・。

特にぴろんが嫌いなんですね(ーー;)

ケチャップ、マヨネーズが大嫌いという、困ったお子。なのでお子達のオムライスは、ケチャップ味じゃないんです。アメリカでピザとハンバーガーが食べれない!というお子は、ぴろんぐらいじゃなかろうか・・・・・。

ものすごい食わず嫌いなんです。まぁ、「肉大好き」なのでまだいいですが・・・・・。でも同じ肉でもひき肉は嫌い。なぜに?!

なので「子供が好きだというアーティチョークなら!」と思ったんですけどね~( ̄▽ ̄;)

子供の野菜嫌いは当たり前とはいえ、あまりにも食べなさ過ぎ!!「いつかは絶対に食べてくれるようになるから、「食べないから」とお皿に盛らないでおくより、目に見えるところに置いた方がいい」と聞いたので、いつかは食べてくれるようになるんですかね・・・・。

むっちーはともかく、ぴろんとは長期戦になりそうだ(戦いは実に離乳食から始まっております)。初めての子だから、と離乳食には本当気合入れたんですけどね・・・・もう全然食べてくれなくて、毎日悩みました・・・・。そんな感じだったので、もう毎日荒みまくり。あの頃は本当に辛かった・・・・。

「うちの子食べすぎちゃって困るのよね~」なんて言ってみてぇ!!

むっちーはいくら食べるお子、と言っても、食べムラがあるのでそれはそれで困ります。

でも子供は食が細かろうとも、ぐんぐん育つもんです(爆) 気候が許す限り、やっほい!ってやってたおかげか?!太陽の光を浴びるのも、大事なんですねぇ。

ぴろんの成長速度に服がすぐに小さくなってしまって追いつきません(泣) 昨日はけたズボンがもうはけない、とはよくいったものだ・・・・・。

昔に比べれば結構食べる量が増えたぴろん、そして炊きたてご飯が大好きなむっちー。

ここに来てあんなに大好きだった納豆をあまり食べなくなりました(T△T) 納豆さえあればものすごい食べたのにぃ!

日々子供達のご飯作りに悩む私です。まずいと言われれば奮い立ち、「これならどうだー!」と色々挑戦すること数年・・・・。子供は正直だから、「今度は上手に作ってやるぞー!!」とより気合が入るので良いけど(-▽-)

今年はいっぱい野菜を作る予定なので、自分で採った野菜を食べる・・・・・というのも期待できるかも?!と都合の良い事を考えています(笑)
 

Favorites

davlog
Thickbox Gallery 2
全国ゴルフ場マップ

Stuff

Powered by Pivot - 1.40.6: 'Dreadwind' 
XMLフィード(RSS 1.0) 
Atomフィード 
Spam Poison